相手と向き合うとは、今ここ、にあること

20代のころ、あるワークショップに出たことがあります。
それは、相手の目を見つめて、見つめられている人がちゃんと見られている、と感じたら手を上げる、というものでした。

 

 

私は、相手の目を見ていても、相手からはちゃんと見られている感じがしない、と何度も言われてしまったのです。

どうやったら、相手からちゃんと見られている、と思われるのだろうか? と頭の中でグルグル考えていました。

 

こちらが焦れば焦るほど、どうやったらちゃんと見ることになるのだろう、とますます頭の中であれこれ考えを巡らせてしまっていました。

 

 

 

 

今思えば、そうやって考えれば考えるほど、心ここにあらずの状態になって、相手からはますます“ちゃんと見ていない”状態になっていたのだと思います。

 

きちんと目の前の相手に向き合って、今ここ、の状態を受け止めることが必要だったのですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました