目を見ることは、自分自身を見ること

あるセミナーで相手の目を見るワークをしました。

このときは、何も考えずにただ相手の目を見ていたことに気が付きました。

 

というのも、それまでは相手の目を見ていていても、自分がどう思われているのだろうか、とそればかりが気になっていたのです。

 

今日は眉の形がちゃんと描けているかな?
朝、急いでいてアイメイクが手抜きだったな、とか。

どうでもいいようなこと、自分のことばかりを考えていました。
あるいは、相手の顔を見て、眉の形やメイク、身に付けているアクセサリーなどが気になったりしていたものです。

 

 

 

 

 

それが、自分のことを考えず、向き合っている相手の目を見ることに集中していられるようになりました。
自分自身がフラットな状態でいるような感じがしてきました。

 

相手の目を見ていることで、実は自分自身の心の状態を見ていたのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました